鎌倉殿の13人:「戦など誰がしたいと思うか!」畠山重忠の叫びで涙腺崩壊 中川大志の圧巻演技に視聴者も「あっぱれ」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第36回場面カット  二人で言葉を交わす畠山重忠(中川大志さん)と和田義盛(横田栄司さん) (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第36回場面カット  二人で言葉を交わす畠山重忠(中川大志さん)と和田義盛(横田栄司さん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)の第36回「武士の鑑(かがみ)」が9月18日に放送され、中川大志さん演じる畠山重忠の最期が描かれた。

 同回では、主人公・北条義時(小栗さん)を大将とした鎌倉側の大軍と、武蔵国を所領とする重忠が率いる畠山の兵たちが激突。いわゆる「二俣川の戦い」で、戦に突入する直前、重忠と和田義盛(横田栄司さん)が二人で言葉を交わすシーンが登場し、視聴者の注目を集めた。

 重忠を説得するため、敵陣へとやってきた義盛は、「お前もさ、いい年なんだから、やけになってどうする」と思いとどまるよう言葉をかけるが、すでに覚悟を決めた重忠は、「今の鎌倉は北条のやりたい放題。武蔵を我が物とし、息子には身に覚えのない罪を着せ、だまし討ちにした。私も小四郎殿の言葉を信じて、このざまだ」と自嘲気味に話すと、立ち上がって前へと進み、感情を抑えきれなかったかのように「戦など誰がしたいと思うか!」と叫ぶ。

 続けて「ここで退けば、畠山は北条に屈した臆病者として、そしりを受けます。最後の一人になるまで戦い抜き、歴史に刻むことにしました」と揺るがない決心を口にする。

 義盛は「もうちょっと生きようぜ。楽しいこともあるぞ」と最後の訴えに出るが、重忠は「もはや今の鎌倉で生きるつもりはない」と聞き入れず、「命を惜しんで泥水をすすっては末代までの恥」との言葉に義盛も、説き伏せることをあきらめ「その心意気あっぱれ。あとは正々堂々、戦で決着をつけよう」と受け入れるしかなかった。

 SNSでは「『戦など誰がしたいと思うか!』の叫びに泣いた」「『戦など誰がしたいと思うか!!』で涙止まらなかった」「『戦など誰がしたいと思うか!』で涙腺崩壊…」などと視聴者が次々と反応。

 重忠の怒り、悲しみ、悔しさといった感情が入り交じった苦しい胸の内を、言葉の一つ一つ、表情の一つ一つで体現してみせた中川さんに対しても、「『戦など誰がしたいと思うか!』と叫ぶ中川大志くんの演技が圧巻でした」「中川大志の演技があっぱれ。引き込まれすぎて何度もプレーバックしてしまった」「鬼気迫る演技が素晴らしかったです」「智勇兼備、清廉潔白な『坂東武士の鑑』がピッタリでした」といった賛辞が並んだ。

テレビ 最新記事