七海ひろき:「キュンがとにかく多くて」 元宝塚男役スターが男装女子に「合コンに行ったら女がいなかった話」会見

ドラマ「合コンに行ったら女がいなかった話」の会見に出席した出演者
1 / 6
ドラマ「合コンに行ったら女がいなかった話」の会見に出席した出演者

 元宝塚歌劇団の七海ひろきさん、瀬戸かずやさん、如月蓮さんらがこのほど、東京都内で行われた10月期の深夜ドラマ「合コンに行ったら女がいなかった話」の会見に出席。七海さんは「原作(マンガ)は、設定が誰も考えなかったようなもので夢中になって読んだ。キュンがとにかく多くて、キュンの形もいろいろあるのが魅力」と印象を語り、「私たちが演じることで、原作を少しでも具現化できたら」と意気込んだ。

  「合コンに行ったら女がいなかった話」は、蒼川ななさんの同名マンガ(スクウェア・エニックス)が原作。合コンで出会ったキラキラのイケメン女子の男装女子と男子大学生による恋愛模様をコメディータッチで描いている。七海さんが正統派王子様系男装女子の蘇芳、瀬戸さんがクールなマンガオタク男装女子の藤、如月さんが努力系俺様男装女子の琥珀、井上想良さんが超絶鈍感誠実男子の常盤、小西詠斗さんが子犬系キュート男子の浅葱、増子敦貴さんが恋愛前向き勘違い男子の萩をそれぞれ演じる。

 撮影の思い出を聞かれた七海さんは、「動物園に撮影に行ったのですが、みんなで行けたことでより親睦も深まった気もします。動物に癒やされながら、常盤君(井上さん)のすてきでカッコいいシーンもあったので楽しかった」とにっこり。男性キャストの印象については、「(元宝塚の)私たちは初めてのテレビドラマ収録でしたが、(男性陣の)皆さんがすてきな芝居で引っ張ってくれて、『ついていこう』と思えました」と感謝していた。

 マンガを読むのが趣味という如月さんは、「今までいろんなマンガが映像になった者を見てきましたが、まさか自分がそこに携われるとは思っていなかった」といい、「原作を大事にする者として“重要な任務”だと思い、髪が長かったけれど、切って金髪にして臨みました」と原作の再現度を追求したことを明かした。

 ドラマの見どころについて、瀬戸さんは「1話から最終話まで毎話さまざまな形のキュンが用意されております。それが形となって映像で流れるのが、私自身も楽しみ」といい、「それぞれのキャラクターを、おそらく1回では見切れないかもしれないので、何度も見て、いろんな形の恋愛というか、生き様を楽しんで」と呼びかけた。

 ドラマ「合コンに行ったら女がいなかった話」は、10月からカンテレに新設される深夜ドラマ枠「EDGE(エッジ)」(関西ローカルで毎週木曜深夜0時25分、TOKYO MXで毎週木曜深夜1時に放送)の第1弾。全10話。取材会には、井上さん、小西さん、増子さんも出席した。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事