ウエンツ瑛士:アンジャッシュ児嶋とは「どんな友人よりも“朝メシまで”一緒に」 仲良し2人で新番組「朝メシまで。」

10月15日深夜スタートの「朝メシまで。」でMCを務めるウエンツ瑛士さん(左)と児嶋一哉さん=テレビ朝日提供
1 / 2
10月15日深夜スタートの「朝メシまで。」でMCを務めるウエンツ瑛士さん(左)と児嶋一哉さん=テレビ朝日提供

 今年6月にテレビ朝日で単発特番として放送されたグルメバラエティー番組「朝メシまで。」がレギュラー化され、10月15日深夜から毎週土曜深夜0時半に放送される。このほど初回収録が行われ、MCを務めるウエンツ瑛士さんとお笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉さんが現在の心境を語った。

 番組は、夜間に働いて一日の終わりに朝食をとる人たちの食事にスポットを当てる“朝メシバラエティー”。6月の特番では、地下鉄のホームドア設置工事の作業員や、沖縄・宮古島のカニ漁師、群馬・赤城高原のレタス農家、成田空港の飛行機洗浄作業員たちのプロフェッショナルな仕事ぶりを“朝メシまで”追うことで、仕事の裏側や人間ドラマを浮き彫りし、話題となった。局内でも評価され、10月からのレギュラー放送が決定した。

 プライベートでも大の仲良しというMCの2人。ウエンツさんは「実はほかのどんな友人よりも、“朝メシまで”一緒にいたことが多いのが児嶋さんなんです。昔、仕事終わりにみんなで集まって遊んでいた時期があり、それこそ朝飯を一緒に食べたこともあるんですよね。そんな児嶋さんとタッグを組んで、『朝メシまで。』という番組のMCができるなんて、なんだか感慨深いですし、本当にうれしいです!」と喜んだ。

 初回収録を終えて、「働き方改革が叫ばれている昨今、朝まで働くことって減ってきているんじゃないかな。そんな中でも、頑張って誰かのために夜中に働く方々の仕事ぶりや、すがすがしい表情で朝飯を迎える姿を見ると、なんだか勇気が湧きます。見た人が『明日からまた仕事、頑張ろう』と思えるような番組になればいいなと思います」と語った。

 児嶋さんは「ウエンツとは爆笑問題の田中(裕二)さんを通じて仲良くなり、プライベートでもたまに遊んでいたので、まさかこんな番組を一緒にやらせていただけるなんて思わなかったです」といい、「単発特番のときから面白い企画だなと思っていたので、レギュラーになってとてもうれしいです」と喜んだ。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事