山崎紘菜:「舞いあがれ!」航空学校編は「ビフォーアフターに期待して」 「大人の青春」とも

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」トークショーに出席した山崎紘菜さん
1 / 3
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」トークショーに出席した山崎紘菜さん

 女優の山崎紘菜さんが11月22日、東京都内で行われたBS4Kの魅力を伝える「NHK BS4K FUN!FUN!ミーティング~ついてる?4K押してる?4K~」イベント内のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」トークショーに出席。同作の22日放送の第37回から、航空学校の同期メンバーの一人、矢野倫子役で登場した山崎さんは、舞(福原遥さん)ら同期6人の「ビフォーアフターに期待してほしいです」と今後の見どころをアピールした。

 山崎さんが演じている倫子は、帰国子女でおしゃれやメークが大好き。商社で働いていたが、男性が優先される職場で悔しい思いを重ね、思い切ってパイロットになることを決意し、女性機長となることを目指す。舞とは航空学校の寮で同室になる、という役どころ。

 航空学校編について、山崎さんは「みんなが仲良くなるのか、どういう展開になるのか、出会ったばかりの今の状態の6人を覚えておいてほしいです」と今後の人間関係の変化が注目ポイントだと語った。

 今後の見どころについては、「(21日にスタートした)航空学校編に携わらせていただき、大人の青春だと感じました。情熱を忘れない強さだったり、もがき続ける強さなどを見ていただき、働く女性の方や頑張っている皆さんに共感していただけると思います」と話した。

 トークショーには、制作統括の熊野律時さんも参加。熊野さんはこれまでの「舞いあがれ!」を振り返り、「(長崎・五島列島で舞が友達になった)一太君(若林元太さん)がここまで話題になるとは思っていませんでした。一太君もこれからいろいろあります(笑い)」と、一躍人気キャラクターとなった一太の再登場を示唆した。

 また、4Kでのドラマ視聴について、熊野さんは「このドラマはこれからフライト訓練のシーンもたくさん出てきます。帯広の(航空学校での飛行シーンの)映像と共に、舞をはじめとした皆さんの悪戦苦闘が描かれますので、臨場感や迫力をよりきれいな画質で見ていただければ」と呼びかけた。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事