君の花になる:「ずっと考えてた」 あす花への思いあふれた弾の行動に胸キュンの嵐(ネタバレあり)

連続ドラマ「君の花になる」第7話の一場面 (C)TBS
1 / 7
連続ドラマ「君の花になる」第7話の一場面 (C)TBS

 女優の本田翼さん主演の連続ドラマ「君の花になる」(TBS系、火曜午後10時)の第7話が11月29日に放送された。7人組ボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」の佐神弾(高橋文哉さん)が、寮母の仲町あす花(本田さん)への思いをあふれさせたさまに、胸をときめかせる視聴者が続出した。

 ◇以下、ネタバレがあります

 元高校教師がボーイズグループの寮母になる青春ラブコメディーで、あす花と8LOOMの共同生活を描く。8LOOMのメンバーは、高橋さん、宮世琉弥さん、綱啓永さん、八村倫太郎さん、森愁斗さん、NOAさん、山下幸輝さんが演じる。

 第7話では、あす花が、弾の母校での8LOOMのライブに駆け付けるものの、教師時代のトラウマから校門の前で動けなくなる。

 何事も無かったように明るく振る舞うあす花を弾が心配する中、メンバーの発案で「寮母感謝デー」をサプライズ開催することになり……という展開だった。

 弾たちは、弾の母校の生徒たちへ向けたビデオメッセージの撮影を行う。そこで、撮影に訪れたあす花の元同僚教師・池谷幸次郎(前田公輝さん)は、あす花が学校を辞めることになった理由を話し始める。

 あす花は当時、周りに自然と生徒が集まる人気教師で、他の教師たちから雑務を押し付けられても、嫌な顔をせず引き受けていた。

 しかし、ある日、留学をめぐり生徒ともめる親への説得を、同僚教師の豊高創(塚本高史さん)に禁じられ、「面倒になったら生徒を見捨てて逃げた」と、生徒たちに誤解される。さらに、ミスで生徒たちの答案用紙を捨ててしまい、豊高から「頑張りが足りていない」と言われ、学校に行かなくなったのだ。

 寮母感謝デーで、あす花がトラウマを克服できておらず、自分に「花丸」を付けられないことを目を潤ませながら嘆くと、弾は「花丸なんか、無理して付ける必要なくね? 三角とか丸で何がダメなんだよ」と励ます。さらに弾は「あんたに花丸なんかついてなくても、俺にとって、あんたはずっとずっと最高だから」と伝えた。

 その後、寮の屋上で弾は、あす花に「ずっと考えてた。感謝のプレゼント。いや、あんたのこと。俺、あんたが好きだ」と告白。あす花の右手を取り、手のひらに指で花丸を書いた。

 弾の行動に、SNSでは「ついに告白したね」「ありゃーーー! 大胆!」「あらまー、胸キュンやー!」「やること可愛すぎ」といったコメントが並んだ。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事