君の花になる:「引き込まれる」「闇落ち最高」 ラストの“なる”宮世琉弥にさまざまな声(ネタバレあり)

連続ドラマ「君の花になる」第8話の一場面 (C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「君の花になる」第8話の一場面 (C)TBS

 女優の本田翼さん主演の連続ドラマ「君の花になる」(TBS系、火曜午後10時)の第8話が12月6日に放送された。ラストは、宮世琉弥さん演じる7人組ボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」の成瀬大二郎が、寮母のあす花(本田さん)に衝撃的な一言を言い放つ展開に。SNSでは、「宮世くん完全闇落ち」「宮世琉弥大優勝回!」といった声が上がった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 第8話では、あす花は、「8LOOM(ブルーム)」の活動を全力で頑張りたい弾(高橋文哉さん)のために、互いを支える“花丸”を付け合う関係になろうと提案する。8LOOMは初の全国ツアーが決定し、勢いに乗る中、なるは「自分だけ役に立っていない」と思い悩む。しかし、弾から、新曲のプロモーションビデオ(PV)のプロデュースを任せられ、PVの出来も評価される。

 そんな中、弾とあす花の写真がインターネット上に掲載されてしまい、ファンから批判が殺到。ラストでは、あす花と良好な関係を築いてきたなるが、「あす花さん、寮母やめてもらえますか? 今すぐ、この寮から出てってください」とあす花に告げる様子が描かれた。

 SNS上では、「宮世琉弥くんの闇堕ち最高だな」「こういう闇堕ちした宮世琉弥ってすごいのよ」「宮世琉弥くんがほんとに演技がうますぎて、ガチで世界観に引き込まれる」「宮世琉弥くんのなるくんが素晴らしい! なるくんの掴めそうで掴めない加減がうまい」「やっぱり、なるくんは弾のことが好きなんかな」といった感想が書き込まれていた。

テレビ 最新記事