鎌倉殿の13人:新垣結衣、のえにデリカシーのない義時に「あれはダメ」 “息子”泰時は「今唯一の希望」

「鎌倉殿の13人」ファンミーティングに登場した(左から)坂口健太郎さん、小栗旬さん、新垣結衣さん(C)NHK
1 / 6
「鎌倉殿の13人」ファンミーティングに登場した(左から)坂口健太郎さん、小栗旬さん、新垣結衣さん(C)NHK

 女優の新垣結衣さんが12月7日、NHKホール(東京都渋谷区)で開催された大河ドラマ鎌倉殿の13人」(NHK総合、日曜午後8時ほか)のファンミーティングに登場。主人公・北条義時(小栗旬さん)の妻で悲運の死を遂げた八重を演じた新垣さんは「(撮影終了後は)家で見ています。お空にいる八重さんみたいな気持ちで」と明かした。

 物語が進むにつれ、“ダーク”さが増す義時。八重と過ごしていた頃の面影はなくなりつつあるが、新垣さんは「(黒く)染まりきってしまった。もどかしい気持ちを通りこして、止まられないんだなと悲しさを感じます」と述べた。

 後妻・のえ(菊地凛子さん)に、前妻である八重や比奈(堀田真由さん)と比べるような発言をする義時については「脅迫する感じで言うじゃないですか、あれはダメ(笑い)」とダメだし。横で聞いていた小栗さんも「あれはデリカシーがないです。本当にのえさんには失礼。本当にのえさんがかわいそう」と同意していた。

 ファンミーティングには、成長した義時と八重の息子・泰時を演じる坂口健太郎さんも登場。新垣さんと坂口さんの共演シーンはなかったため“夢のツーショット”となった。坂口さんが「大きくなりました!」とあいさつすると、新垣さんは「あのときの金剛が大きくなられた。今(の物語の)唯一の希望」と目を細めていた。

 ファンミーティングには、善児役の梶原善さん、源頼家役の金子大地さん、源実朝役の柿澤勇人さん、江間次郎役の芹澤興人(たてと)さん、音楽を担当するエバン・コールさんも登場。進行を源範頼役の迫田孝也さん、“ファン代表”の赤江珠緒さんが務めた。オーケストラ「横浜シンフォニエッタ」による、番組メインテーマ、挿入歌の生演奏も行われた。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事