あまちゃん:アキ、さかなクンと北三陸で再会 海女カフェ再建に手を差し伸べる姿に「涙出ちゃった」 実話ともリンク

のんさん(左)とさかなクン
1 / 1
のんさん(左)とさかなクン

 のんさんが主演を務めた、2013年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「あまちゃん」の第149回が、NHK・BSプレミアムで9月22日に再放送された。同回では、アキ(のんさん)が子供向け番組「見つけてこわそう」(震災後は「じぇじぇじぇのギョギョギョ」にタイトル変更)で共演した“さかなクン”が北三陸にやってきて、海女カフェ再建に手を差し伸べる場面があり、視聴者の間で話題になった。

 同回では、海女カフェ再建に向けて、現地で打ち合わせをしていたアキら海女クラブや観光協会の面々。そこに駅長の大吉(杉本哲太さん)から電話が入り、駅に現れた不審者がアキの知り合いだと言っていると伝える。

 不審者は何を聞いても「ぎょぎょ」しか言わない、と聞いてピンと来たアキが駅へ駆けつけると、さかなクンが栗原ちゃん(安藤玉恵さん)らから「さかなちゃん」「さかな先輩」「サカナクション」「人面魚」などと呼ばれていた。ヒロシ(小池徹平さん)が正解を言いながらさかなクンの帽子を取ると、中からトレードマークのハコフグの帽子が出てきた。アキは「ご無沙汰してます」と再会を喜ぶ。

 さかなクンは、アキとユイ(橋本愛さん)の「潮騒のメモリーズZ」の動画を見て、自分にできることはないかと考えたといい、自身のコレクションの魚と水槽を海女カフェに寄贈したいと申し出る。

 その後、さかなクンは海女カフェの再建作業も手伝うことに。再オープンに向けて作業が進む海女カフェの様子に、「アキちゃん、良かったね」とさかなクンが声をかけると、アキは「完全に元通りじゃねえが、逆回転成功だべ」と言って笑い合った。

 SNSでは、「アキちゃんとさかなクンが楽しそうにしてるの見て、映画『さかなのこ』思い出して、エモすぎじゃん!!!ってなった」「さかなクンがこんなに関わってくるとは。彼が逆回転のスイッチになってる」「さかなクンが出てきて『サカナクション』って言うシーンがあったのね」「さかなクンの申し出にちょっと涙出ちゃった」などのコメントが上がった。

 また、「さかなクンから水槽と珍しいお魚をプレゼント! これホントの話なんだよな~」「さかなクン先輩と久慈とのご縁は実話である」と、北三陸のモデルとなった岩手県久慈市にあり、震災で全壊した「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」(2016年にリニューアルオープン)に、さかなクンが水槽や魚を提供し、イラストも描いた「さかなクン」コーナーがあることを伝えるコメントもあった。

 同回には忠兵衛(蟹江敬三さん)が北三陸に戻ってきて、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子さん)と喫茶「リアス」でウニ丼を取り合う場面もあり、続々と北三陸に人が集まってくる展開に「あーいよいよ終わりが近いんだなあとしんみり。ちょっと切なく寂しくなります」と再放送だが“あまロス”を心配する声もあった。

テレビ 最新記事