アンチヒーロー:第2話 検察が新証拠を提出 “明墨”長谷川博己、ある仮説を立てる

ドラマ「アンチヒーロー」第2話の一場面(C)TBS
1 / 8
ドラマ「アンチヒーロー」第2話の一場面(C)TBS

 長谷川博己さん主演の連続ドラマ「アンチヒーロー」第2話が、4月21日にTBS系「日曜劇場」枠(日曜午後9時)で放送される。

ウナギノボリ

 前話は……町工場で社長殺害事件が発生。工員の緋山(岩田剛典さん)が逮捕され、明墨(長谷川さん)の事務所が弁護することになる。

 罪を犯した人が刑務所を出た後で「幸せになんかなれるわけない」と持論を展開する明墨。緋山に「やがて絶望し、もう一度人を殺すか、自ら命を絶つか。待ってるのはそんな未来だけです。殺人犯になった時点で、あなたの人生は終わります」と語る。「仕方ないですよ。だって……人、殺してるんですから」と厳しい声で伝えて……。

 第2話は……町工場の社長殺害事件。検察の提出した新証拠に揺れる公判。

 明墨は過去の殺人事件の裁判記録を調べ上げ、ある仮説を立てる。

 弁護士としての正義に揺れる赤峰(北村匠海さん)は拘置所の緋山に会いに行く。緋山は本当に無実なのか……?

 ドラマは、法に触れない範囲内で手段を選ばない「アンチ弁護士」の明墨(あきずみ、長谷川さん)を通し「正義とは何か?」を問い掛け、スピーディーな展開で「常識」を次々に覆す法廷エンターテインメント。脚本は山本奈奈さんらのオリジナル。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画