虎に翼:“俺たちの轟”がきょうも尊い! 梅子と再会→「好きなだけ泣かせろ!」と感情爆発

NHK連続テレビ小説「虎に翼」第62回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「虎に翼」第62回の一場面(C)NHK

 伊藤沙莉さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「虎に翼」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第62回が、6月25日に放送され、梅子(平岩紙さん)が轟(戸塚純貴さん)とよね(土居志央梨さん)と再会を果たした。

ウナギノボリ

 第62回では、元山すみれ(武田梨奈さん)が持つ遺言書の検認に立ち会うために、梅子と3人の息子たち、そして義理の母・常(鷲尾真知子さん)がやって来る。寅子は梅子との再会を喜び、轟とよねの事務所に案内して……と展開した。

 梅子が「轟法律事務所」を訪ねると、轟とよねは声も出ないほど驚く。梅子は「まさかこの2人が弁護士事務所をね」と喜び、轟は「いろいろあってだな……」と突然の再会に涙が止まらなくなった。

 轟は「とにかく! よく無事でいてくれた! うれしいぞ!」と泣き叫び、よねは「あほ。いつまで泣いている」とツッコむ。それでも轟は「めでたい涙だ。好きなだけ泣かせろ!」と感情を爆発させた。

 その後も、轟とよねの言い合いを見た梅子は「懐かしいわ。戻ったみたい。私の人生が一番輝いていた、あのころに」と思いをはせていた。

 SNSでは「無事でよかったと泣く轟、熱くていい」「素直な轟を俺たちは愛してる」「再会を喜ぶ轟が尊い」「轟くんの反応はいつも最高だな」「轟の誰であろうと再会の喜びを示すのは素晴らしいよね」といった感想が書き込まれていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画