「ウルトラマンアーク」特集 2024年7月6日スタート あらすじ・反響&感想(ネタバレあり)・キャスト・関連ニュース

2024年7月6日からテレビ東京系でスタートする特撮ドラマ「ウルトラマン」シリーズの新作「ウルトラマンアーク」の特集ページ。あらすじ・反響&感想(ネタバレあり)・キャスト・関連ニュースを掲載しています。

「ウルトラマン」シリーズの新作「ウルトラマンアーク」のビジュアル(C)円谷プロ (C)ウルトラマンアーク製作委員会・テレビ東京
「ウルトラマン」シリーズの新作「ウルトラマンアーク」のビジュアル(C)円谷プロ (C)ウルトラマンアーク製作委員会・テレビ東京

 ◇「ウルトラマンアーク」のあらすじ

 「ウルトラマンアーク」は、特撮ドラマ「ウルトラマン」シリーズの新作。テレビ東京系で2024年7月6日から毎週土曜午前9時に放送される。前作「ウルトラマンブレーザー」は、シリーズ史上初めて防衛チームの隊長が主人公だったが、新作は怪獣防災科学調査所(SKIP)に入所したばかりの“新米”調査員が主人公となる。新人俳優の戸塚有輝さんが、ウルトラマンに変身する23歳の主人公・飛世(ひぜ)ユウマを演じる。新作のテーマは「想像するチカラ」で、「ウルトラマンX」以降、「ニュージェネレーションウルトラマン」シリーズに監督として参加してきた辻本貴則さんが初めてメイン監督を務め、「ウルトラマン」シリーズで辻本監督とタッグを組んできた継田淳さんがシリーズ構成、メイン脚本を手がける。

 日本国内の「ウルトラマン」のテレビシリーズは、1966年の「ウルトラQ」から始まり、前作「ウルトラマンブレーザー」までで27作品、海外向けに制作され、後に国内で放送された2作品も加えると、新作は30作目となる。子供たちの夢見る力をかき立て、希望に満ちた明るい未来への架け橋となる作品を目指し、明るくハートフルにして勇壮なヒーローを描く。主人公・ユウマは、豊かな想像の力を持ち、優しく真っすぐな性格で周囲に愛される元気いっぱいの青年で、はるかかなたの銀河系から地球へ降り立った光の使者が、ユウマと一体化し、巨大なウルトラマンアークとなり、迫り来る危機から人と地球の未来を守る。

 ユウマは、光の使者の力を宿したアークキューブという六面体に、神秘の変身アイテム・アークアライザーを装填することで、ウルトラマンアークに変身する。ウルトラマンアーク、アークアライザーは、幼い頃にユウマが描いた「さいきょうのヒーロー」「へんしんどうぐ」のスケッチと似た姿形をしている。

 ウルトラマンアークは、身長48メートル、体重3万2000トン。ユウマが想像の力を解き放つことで、はるかかなたの銀河系からやって来た光の使者・ルティオンと一体化して登場する。必殺技は、両手をクロスして放つアークファイナライズ。

 新作は、英語吹き替え版が同時期に配信されるほか、中国、香港、台湾、タイ、インドネシア、ベトナムで現地語吹き替え版の同時期放送・配信を予定している。YouTubeのウルトラマン公式チャンネルを含む配信サイトでも、英語、韓国語など世界11言語の字幕版で同時期配信を実施する。

 ◇「ウルトラマンアーク」放送はいつ?

 テレビ東京系で2024年7月6日から毎週土曜午前9時に放送。

 ◇「ウルトラマンアーク」のキャスト

 戸塚有輝

 ◇「ウルトラマンアーク」のスタッフ

 メイン監督:辻本貴則
 シリーズ構成・メイン脚本:継田淳

最終更新
記事
ウルトラマンアーク画像・写真一覧

この「ウルトラマンアーク まとめ」ページは「ウルトラマンアーク」に関連する記事12件を掲載しています。

最新記事

ウルトラマンアーク 記事一覧

- 広告 -
- 広告 -
- 広告 -
- 広告 -