ドラマ「トクメイ!警視庁特別会計係」のあらすじ
(毎話紹介)の記事一覧 過去の関連記事も掲載

最終更新
記事

この「トクメイ!警視庁特別会計係 あらすじ」ページは「トクメイ!警視庁特別会計係」のあらすじ記事を掲載しています。

最新あらすじ記事

トクメイ!警視庁特別会計係:最終回 ついに最終決戦! 仲間を救うため“円”橋本環奈と“湯川”沢村一樹が巨悪に立ち向かう

連続ドラマ「トクメイ!警視庁特別会計係」最終11話の一場面=カンテレ提供

 俳優の橋本環奈さんが主演の連続ドラマ「トクメイ!警視庁特別会計係」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)の最終11話が12月25日に放送される。

 特別会計係の一円(はじめ・まどか、橋本さん)は、榊山官房長(福井晶一さん)ら警察上層部が事件化していない押収品を裏金に変え、警察署をデジタル化するためのプロジェクトにつぎ込んでいたことを突き止めた。そこへ、亡くなった新聞記者の芹沢詩織(石井杏奈さん)を調べていた藤堂さゆり(松本まりかさん)から「Xの正体が分かったと思う」と写真が送られてくる。写っていたのは詩織と警察を去った須賀安吾(佐藤二朗さん)だった。

 その頃、湯川哲郎(沢村一樹さん)が脅迫者X”のアジトで目を覚ますと、目の前に須賀が姿を現す。湯川は、詩織を死に追いやった警察の闇を暴くという須賀を思いとどまらせようとするが、その言葉は須賀には届かなかった。そこへアジトを突き止めた湯川班のメンバーが乗り込んでくるが、須賀に逃げられてしまう。

 須賀の目的は、翌日の予算会議の場で榊山を断罪し、殺害することだった。阻止するためには、裏金庫に隠された証拠を手に入れて裏金問題を告発し、榊山を官房長の座から引きずり下ろすしかない。須賀を止めるため、円と湯川はそれぞれの立場で全力を尽くすことを誓う……。

 捜査の“お金”にスポットを当てた警察エンターテインメント。経費削減の特命を背負って本庁から派遣されてきた特別会計係の警察官が、所轄署の個性豊かな刑事たちとぶつかりながら次々と起こる事件を解決へ導く姿を描く。

「トクメイ!警視庁特別会計係」 あらすじ関連記事一覧

- 広告 -
- 広告 -