MANTANWEB(まんたんウェブ)

砂の塔:菅野美穂&松嶋菜々子のママ友サスペンスが10.1%と上昇 ジブリの裏で自己最高&初の二桁

テレビ
「砂の塔~知りすぎた隣人」で主演を務める菅野美穂さん

 女優の菅野美穂さんが主演する連続ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」(TBS系、金曜午後10時)の第5話が11日に放送され、平均視聴率は10.1%(以下ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。初回9.8%を上回る自己最高の数字で、初の二桁となった。なお同時間帯には、「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)で「3週連続 秋のジブリ」の第2弾として宮崎駿監督の劇場版アニメ「紅の豚」が放送され、13.2%を記録していた。

 同ドラマは10月14日にスタートし、視聴率は初回9.8%、第2話9.6%、第3話8.6%で、先週の第4話では9.5%と回復していた。

 ドラマは、幸せな家庭を築いていた専業主婦の高野亜紀(菅野さん)が引っ越した、憧れのタワーマンションを舞台にしたサスペンス。主人公一家を“監視”し、陥れる主婦・佐々木弓子を松嶋菜々子さんが演じ、亜紀に思いを寄せる幼なじみの生方航平役で「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」の岩田剛典さん、亜紀の夫・健一役でお笑いコンビ「ココリコ」の田中直樹さん、マンションの最上階に住むセレブ夫婦役で津田寛治さんと横山めぐみさん、ワケあり主婦役で堀内敬子さんとホラン千秋さんも出演している。

 第5話では、生方(岩田さん)に会っているところを息子の和樹(佐野勇斗さん)に目撃され、亜紀(菅野さん)は不倫を疑われてしまう。落ち込む和樹に声をかけたのは弓子(松嶋さん)で、彼女のたくらみにより、今まで隠されていた和樹の「裏の顔」が明るみになり、“タワマン主婦”は、和樹こそがダメな母親に罰を与える連続誘拐=ハーメルン事件の犯人ではないかと騒ぎ始める。一方、亜紀の話で弓子に不信感を持った生方は、独自に弓子のことを調べ始める。そこで明らかになったのは、弓子の嘘で塗り固められた生活で……という展開だった。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る