堺正章:「麒麟がくる」で22年ぶり共演の本木雅弘と“化かし合い” 顔が近くて「抱きしめてやろうかと…」

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第4回で斎藤道三(本木雅弘さん)に詰め寄られる望月東庵(堺正章さん) (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の第4回「尾張潜入指令」が2月9日に放送され、本木雅弘さん扮(ふん)する斎藤道三(利政)と堺正章さん演じる望月東庵との“化かし合い”が描かれた。道三役の本木さんとは1998年放送の大河ドラマ「徳川慶喜」以来、22年ぶりの共演で、「顔の距離がとても近かったです! 抱きしめてやろうかと思いました」と明かす堺さんが第4回を振り返った。

 道三の妻の治療を終え、美濃を離れる日がやってきた東庵。真っすぐ京に向かうと言うが、実は今川との戦いで傷を負った織田信秀(高橋克典さん)を診るため、尾張に立ち寄らなければならない。東庵のウソを見破った道三は、東庵に詰め寄り、天敵である信秀の容体を秘密裏に探るように命じる。一度は断る東庵。そこで道三は、光秀(長谷川さん)に「東庵の首をはねろ」と命じて、さらなる脅しをかけると、東庵は、信秀のところで作った双六(すごろく)の借金を道三が出してくれれば……と取引を持ちかける。

 堺さんは「東庵は心の中で、道三は絶対に首は斬(き)らないと読んでいます。道三は情報がほしいので、東庵を殺してしまうと何の情報も得られませんから、絶対に首は斬らない。東庵にしても、借金を返すためには、道三は大事な男ですからね。道三をも手玉にとりつつ、情報を与え、信秀を視察し、また道三に情報を与えていく。東庵は不思議な役どころです」と印象を明かす。

 「でも、もしあのとき道三に斬られていたら、あそこで僕は最終回でしたからね」と笑う堺さんは、「生き延びることができて良かったです。あのころは、命はとても軽いもので、毎回戦死や病死で、次から次へと人がこの世を去っていきます。その時代を成した男たちでも、やっぱり健康や寿命にはかなわないところがありますから、ドラマの中でも、命を預かる医者は、大事な役どころだと思います」と持論を披露。

 さらに「本木雅弘さんは道三をとてもエネルギッシュに演じていますが、それは光秀をどのようにもり立てていくかということの裏返しだと思います。道三はとても豪快で、ずうずうしい男ですが、『静』と『動』のうち、『動』を道三が演じ、そうすることで、そこに動じない光秀の姿がより引き立つような気がします」と話した。

 また道三と信秀を比べて、「道三と信秀、どちらが手強(てごわ)いかというと、信秀の方が僕にとっては手強い相手です」と東庵の気持ちを代弁する堺さんは、「(第4回で)信秀と双六で対決しますが、それは小さな戦のようでした。賭け事をしている時、人はどこか気を許してしまうことがありますので、そこから何か情報を得たり、その得た情報をどう生かしていくのか、今回はその序章に過ぎないのではないかと思います。高橋克典さんの演技も、迫力のある智将という感じでした」と振り返る。

 最後に「東庵は、僕の中ではまだ謎の人物で、演じるのがとても難しいです。武将ではなく庶民ですし、どこか不思議な存在ですから、戦国の世でこれからどう生かされていくのか、これからとても楽しみです。もしかすると宇宙人なんじゃないかと(笑い)」と冗談を交えつつ、「武将たちのシーンは本音と建前が交錯しますが、東庵のシーンは、身構えずに少しリラックスしてご覧いただける、ホッとできる時間です。現代にも通じる生活感を、うまく演じることができればと思います」と思いを語っていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る