名取裕子&宅麻伸:純白のウエディングドレス&タキシード姿に… 「法医学教室の事件ファイル」最新作で“真珠婚式”

ドラマ「法医学教室の事件ファイル47 30周年記念スペシャル」の場面写真=テレビ朝日提供
1 / 7
ドラマ「法医学教室の事件ファイル47 30周年記念スペシャル」の場面写真=テレビ朝日提供

 女優の名取裕子さんが主演する人気ドラマシリーズ「法医学教室の事件ファイル」(テレビ朝日系)の第47弾が、5月24日に放送されることが13日、分かった。前作で孫が誕生し、すっかり“孫ラブ”になっていた妻・二宮早紀(名取さん)と夫・一馬(宅麻伸さん)が本作では結婚30周年を迎え、真珠婚式を挙げることに。純白のウエディングドレス&タキシード姿の“真珠婚式ショット”も披露される。

 最新作では、“日本の不動産王”と呼ばれる大物の娘で、スポーツジムチェーンの社長でもある女性が刺殺される事件が発生。被害者は30年前の神奈川県警の機関紙の1ページを所持。死の直前、タピオカミルクティーを飲んでいたはずだが、胃からはなぜかナタデココが検出される。早紀と一馬が事件の真相を追い始めるが、折しも結婚30周年の2人。壮大な真珠婚式を開き、夫婦の歴史を振り返る“スライドショー”を上映したいという早紀と、「スライドショーだけは勘弁してくれ」と真珠婚式を嫌がる一馬の“夫婦間の攻防”も見どころとなる。

 早紀と一馬は第1弾(1992年放送)からすでに“夫婦”という設定でスタートしたため、これまでのシリーズで結婚式のシーンはなかった。結婚30周年の“真珠婚式ショット”は本作のどんなシチュエーションで登場するのか、注目だ。

 前作に引き続き、鑑識班長・河村映子役の室井滋さんと、キャリア管理官・宗方楓役の阿川佐和子さんが出演する。また、事件をかぎまわる謎の医療雑誌記者・斉藤弥生役で国生さゆりさん、被害者の父で不動産王の太賀龍蔵役で中尾彬さん、龍蔵の後妻・レナ役でダレノガレ明美さんもゲスト出演する。

 「法医学教室の事件ファイル47 30周年記念スペシャル」は、5月24日午後9時から放送。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る