未満警察 ミッドナイトランナー:第7話 “教官”伊勢谷友介の“9年の秘密”が明らかに 「すてき」「一生ついていく」と感動の声

テレビ
連続ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」第7話の場面写真=日本テレビ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さん、「King & Prince」の平野紫耀さんがダブル主演を務める連続ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」(日本テレビ系、土曜午後10時)第7話が、8月8日に放送された。警察学校で通常なら2年程度とされる教官の役職を9年も務める片野坂譲(伊勢谷友介さん)の“秘密”が明らかになり、視聴者からは「片野坂教官かっこいい………」「片野瀬教官すてき」「一生ついていく」と感動の声が上がった。

 ドラマは警察学校を舞台に、理論重視で頭脳派タイプの本間快と、感情先行型で肉体派タイプの一ノ瀬次郎という“警察未満”の2人の成長を描く物語。本間と一ノ瀬が学校の授業で得た知識を駆使して難事件に挑み、お互いの足りない部分を補いながら最高のバディーになっていく……という内容。

 第7話では、学生の本間快(中島さん)、一ノ瀬次郎(平野さん)、助教の及川蘭子(吉瀬美智子さん)を人質にとった立てこもり事件が発生。犯人の天満直子(長谷川京子さん)と直子の弟・智也(柿澤勇人さん)の目的は、9年前の連続殺人事件の犯人として逮捕された父・天満暁生(佐戸井けん太さん)の無実を証明することだった。2人の訴えを聞く中で、及川が暁生のアリバイを証明できることが判明し、本間、一ノ瀬、及川は2人に協力するための作戦に乗り出す。

 立てこもり事件の指揮をとる警視正・国枝(木下ほうかさん)と直子の交渉の末、人質から解放されることになった一ノ瀬は、片野坂に事情を打ち明ける。片野坂は立てこもり事件を公にしないための策として自らが人質となることを国枝に提案し、現場の教室まで向かう……というストーリーだった。

 劇中では、片野坂が9年前の連続殺人事件で真実を明かそうと動くも、国枝率いる“巨大な警察の力”に勝つことができず、ついには現場を追い出されて警察学校にやって来たことを告白。さらに、「現場に戻るつもりはない。俺はここで正しい人間を育てる」と警察学校に居続ける“秘密”を明かすと、「全部繋がった……」「いろいろ謎が解けたね」「伏線回収」などと反響を呼んだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る