はぐれ刑事三世:“はぐれ刑事”が原田泰造主演で今夜復活 寄り道しながら事件の真相追う 相棒は内田理央

テレビ
ドラマスペシャル「はぐれ刑事三世」の場面写真=テレビ朝日提供

 故・藤田まことさん主演で1988~2009年に放送された刑事ドラマ「はぐれ刑事純情派」(テレビ朝日系)が、お笑いトリオ「ネプチューン」の原田泰造さん主演で新装し、ドラマスペシャル「はぐれ刑事三世」として同局系で10月15日午後8時から放送される。原田さんは今作の主人公、捜査1課の個性派刑事・浦安吉之、浦安とコンビを組む相棒役の刑事・仁城(にんじょう)華子を内田理央さんが演じる。

 「はぐれ刑事純情派」シリーズは、約22年間で計444回放送され、最高視聴率(世帯)は25.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した大人気長寿シリーズ。藤田さん演じる安浦吉之助刑事の人情味あふれるキャラクターが視聴者を魅了してきた。

 「はぐれ刑事三世」では、新たな主人公像を確立する。原田さん演じる浦安吉之警部補は、普段はとぼけて昼あんどんを演じているものの、実は敏腕な男。事件の関係者の心にもすっと入り込み、捜査を進める。あちこち迷い寄り道(=はぐれ)しながらも真実へと向かっていく。重度の方向音痴と、伝説の刑事・安浦吉之助に名前が似ていることから、“はぐれ刑事三世”とあだ名が付けられているという設定だ。

 物語は、ITベンチャー副社長の浦賀有美(松岡依都美さん)の刺殺体が発見される。警視庁捜査1課河辺班の華子らが事件現場を調べていると、班長の河辺一成(立川談春さん)が、一緒に現場に来たはずの浦安吉之警部補が見当たらないと気づく。こっそり合流した浦安は、捜査を開始。第一発見者であるレストラン店長・三田陽菜(藤井美菜さん)の話に違和感を覚える。

 続いて、有美の勤め先の大角芽衣社長(紺野まひるさん)に話を聞く。芽衣は助成金を巡って政治家との不適切な関係を疑われており、自身を陥れたのは総合商社の古沢秀史社長(佐戸井けん太さん)に違いないと証言。しかし古沢は、事件への関与を全面否定する。容疑者たちが続々と浮かび上がってくる中、浦安はあちこち寄り道(=はぐれ)しながら、事件の真相を追う……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る