青天を衝け:新選組副長・土方歳三が登場 栄一と出会う 一つの画面に吉沢亮&高良健吾&町田啓太「顔面偏差値バカ高い」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」第13回のワンシーン (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「青天を衝け」第13回のワンシーン (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)の第13回「栄一、京の都へ」が5月9日に放送され、主人公・渋沢栄一(吉沢さん)と新選組副長・土方歳三(町田啓太さん)との出会いが描かれた。

 同回から、物語の舞台は激動の京へと移り、町田さん演じる土方歳三が初登場。土方は、池田屋事件で功績をあげた新選組の副長。幕臣になった渋沢栄一とある任務で出会い、同じ百姓出身ということもあって意気投合する。鳥羽・伏見の戦いで敗れるが、官軍に抵抗して各地を転戦。榎本武揚や栄一の従兄・喜作(高良健吾さん)らと箱館に渡り五稜郭を占領するが、新政府軍との壮絶な戦いの中で戦死する……。

 出会いのシーンは栄一と喜作、土方の3人が一つの画面に収まり、SNS上では「吉沢亮に高良健吾、町田啓太の画面、一瞬でもすごいんですけど…」「顔面偏差値がバカ高い」「最初からクライマックスみたいな出会い方」「顔面つよい…かっこよすぎ」「今日はイケメン祭りだに」といった反響があった。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る