イチケイのカラス:視聴率微増 第7話は13.6%で好調維持 “みちお”竹野内豊が“因縁事件”の真相へ

連続ドラマ「イチケイのカラス」第7話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「イチケイのカラス」第7話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の竹野内豊さん主演のドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系、月曜午後9時)第7話が5月17日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前週第6話の13.4%(同)から0.2ポイントアップし、好調をキープした。

 ドラマは、浅見理都さんの同名マンガ(講談社)が原作。自由奔放で型破りな刑事裁判官の入間みちお(竹野内さん)と、彼に振り回されながらも真実をつかもうと奔走する東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)メンバーの活躍を、“コミカル&ビター”に描く。

 第7話では、裁判官の入間みちお(竹野内さん)が弁護士時代の最後、12年前に担当した東丸電機殺人事件の再審公判が行われる。無実を訴え続け、獄中で命を絶った被告、仁科壮介(窪塚俊介さん)は、生前、事件現場から逃げる国税庁OBの志摩総一郎(羽場裕一さん)を目撃していた。みちおは裁判所主導で捜査を始めるが、犯人が志摩だという決定的な証拠を見つけられない。そんな中、検察は、みちおらを裁判から外すため忌避申し立てを行う。そこでみちおは、最後の裁判長を務める再審第3回公判に、12年前に裁判長を務めた日高亜紀(草刈民代さん)らを尋問するため、法廷に呼び出す……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る