「おかえりモネ」振り返り:菅波先生が“センター分け”に “百音さん”呼びで独占欲「俺だけのモネ」? 金曜は久々の「休菅日」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)。第18週「伝えたい守りたい」(9月13~17日)では、百音(清原さん)が上京してから3年半後が描かれ、菅波(坂口健太郎さん)の髪形がセンター分けになっていた。百音と菅波の仲の良さは変わらず、「光太朗さん」「百音さん」と呼び合うシーンも登場し、SNSでは「菅モネ砲に被弾して頭抱えてます」と視聴者の心をくすぐった。同週を視聴者の声と共に振り返る。

 百音と菅波が、「光太朗さん」「百音さん」と呼び合うシーンは、9月14日放送の第87回に登場。菅波は百音を“さん”付けで呼ぶ理由について、「みんなが呼ぶ名前はつまらない」と説明しており、「じわりじわりと独占欲」「俺だけのモネってか?」「小さな独占欲、もっと見たい」「華麗にかましてきましたよ」「かわいいぞ光太朗!」とファンが沸いた。

 15日放送の第88回には、サメのぬいぐるみが百音の部屋に登場し、視聴者の注目を集めた。菅波の部屋にあったぬいぐるみとよく似ており、「なぜそこに!」「あのサメぬいが、どのようにしてモネの部屋に入ったのか教えてください」「先生があげたのかしら」「菅波部屋にいた子ですか?」と視聴者は考察で盛り上がっていた。

 16日放送の第89回には、ベテラン女優の大方斐紗子さんが登場。大方さんは朝ドラファンにとっては、「あまちゃん」(2013年)の鈴木のばっぱ役、「ひよっこ」(2017年)の澄子(松本穂香さん)の祖母役などで知られ、「おかえりモネ」では長野に住む高齢女性を演じた。SNSでは、「大方斐紗子さん!!」「鈴木のばっぱ!」「鈴木のばっぱじゃぁないですか!」「鈴木のばっぱキター!」といった声が上がった。

 また同回では、龍巳(藤竜也さん)が、亡くなった雅代(竹下景子さん)を「俺のハニー」と呼ぶシーンも登場。突如登場した“龍巳砲”に対して、「おじいちゃん最高にかっこいい!」「今日は龍己砲か!」「最高すぎてジワジワ溶けました…」「俺のハニーは反則だ」「雅代さんとラブラブだったのがうかがえる」と話題になった。

 17日放送の第90回では、2人のベテランがキャスターとして“再登板”。1人は高村(高岡早紀さん)で、「電撃キャスター復帰!」「高村キャスター・伝説の復活回!」「胸アツ過ぎる!」と大喜び。もう1人は朝岡(西島秀俊さん)で、ネット配信で気象解説をする姿が描かれると、「復活してるんだけど!?」「根っからの“伝えたい”という血が騒いだんですね」「朝岡さんのカッコ良さ満載の回じゃん!」といった感想が書き込まれた。

 ちなみに同週のラストを飾る第90回では、菅波の出番はなかった。SNSでは、菅波の登場シーンがない放送日は「休菅日」と言われており、17日は「今日は休菅日か(笑い)「金曜日が休菅日だと3日間連続で休菅日になっちゃうからきついのよねー」といったつぶやきも見られた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る