永山瑛太:前田敦子は「本当にサディスティックな方」 人気俳優5人がショートフィルム製作に初挑戦

「アクターズ・ショート・フィルム2」の完成報告会に登場した永山瑛太さん
1 / 8
「アクターズ・ショート・フィルム2」の完成報告会に登場した永山瑛太さん

 俳優の永山瑛太さんが2月2日、東京都内で開催されたWOWOWの開局30周年記念プロジェクト「アクターズ・ショート・フィルム2」の完成報告会に女優の前田敦子さんらと登場した。同プロジェクトで永山さんや前田さんらはショートフィルムの製作に初挑戦。永山さんは、前田さんの監督作について「ワンシチュエーションの中で、膨大なせりふ量の中で、前田敦子さんは、(主演の)柳(英里紗)さんに対する演出で『100%ではなく、120%までいけ』と言っているような気がした」と感想を吐露。さらに「でも(柳さん)本人は、たぶん150%ぐらいまでいっていると思う、重圧に(よって)。前田敦子さんというのは、本当にサディスティックな方だなと感じました」と続け、前田さんを笑わせていた。

 永山さんは、自身が監督・脚本を務めた作品「ありがとう」で俳優の役所広司さんを主演に起用。永山さんは、構想を明かしたときにプロデューサーから、役所さんが主演を務めることは厳しいと言われたことを明かし、「絶対に曲げてはいけない、もし役所さんがだめなら(企画から)降りてもいいや、という覚悟で僕が直接オファーをさせていただいて、受けていただけた」と当時のエピソードを語っていた。

 完成報告会には同プロジェクトで監督を務めた青柳翔さん、玉城ティナさん、千葉雄大さんも出席した。

 同プロジェクトでは、俳優5人が製作費や製作日数など同条件で25分以内のショートフィルムを製作し、世界から6000本以上のショートフィルムが集まる米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」のグランプリを目指す。昨年1月に第1弾が放送された。

 青柳さんの監督作「いくえにも。」は俳優の村上虹郎さんが主演を務め、玉城さんが監督・脚本の作品「物語」は女優の琉花(るか)さんと俳優の奥平大兼(だいけん)さんがダブル主演。千葉さんが監督・脚本する作品「あんた」は、千葉さん自身と女優の伊藤沙莉さんがダブル主演を務める。永山さんが監督・脚本を担当する作品「ありがとう」は、役所さんが主演。前田さんの監督作「理解される体力」は柳さんと三浦貴大さんがダブル主演を務める。2月6日午後5時からWOWOWプライム、WOWOW4Kで放送。WOWOWオンデマンドでも配信される。

写真を見る全 8 枚

映画 最新記事