汝の名:第6話 “陶子”山崎紘菜、“久恵”北乃きいに違和感

女優の山崎紘菜さんと北乃きいさんダブル主演の連続ドラマ「汝の名」第6話の一場面(C)テレビ東京
1 / 3
女優の山崎紘菜さんと北乃きいさんダブル主演の連続ドラマ「汝の名」第6話の一場面(C)テレビ東京

 女優の山崎紘菜さんと北乃きいさんダブル主演のテレビ東京連続ドラマ「汝(なんじ)の名」(火曜深夜0時半)第6話が5月10日に放送される。

 週末に亮介(NAOTOさん)が家に来ると知った久恵(北乃さん)は、張り切って毎日豪華な料理を作るようになる。

 陶子(山崎紘菜さん)は、疲労のせいか体調を崩しがち。心配してオフィスを訪ねた亮介に、陶子は本名に戻ることや本物の麻生陶子は亡くなったことを伝える。

 亮介は警察からの連絡はあったのかと尋ねるが、覚えがない陶子。久恵が本物の陶子の身元確認をしたのに、それを陶子に伝えていなかったのだった。

 大したことじゃないという久恵に違和感を覚える陶子。週末、亮介が訪れて和やかなひと時を過ごすが、亮介を送り出した後、陶子の体調が悪化。ベッドに倒れこむとそのまま気を失ってしまい……。

 原作は明野照葉さんの同名小説新装版(中公文庫)。女王様と奴隷のような関係を築き上げた、勝ち組の“姉”と負け組の“妹”の奇妙な関係を描くホラーサスペンス。山崎さんは会社社長の麻生陶子、北乃さんは引きこもりの久恵を演じる。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事