探偵が早すぎる:“一華”広瀬アリスのせりふ「月10ドラマ」にツッコミ相次ぐ 「恋マジじゃん」「他局の主演ドラマ」 本人も反応

連続ドラマ「探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~」第9話の一場面=読売テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~」第9話の一場面=読売テレビ提供

 俳優の滝藤賢一さんと女優の広瀬アリスさんがダブル主演を務める連続ドラマ「探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)第9話が6月9日、放送された。十川一華(広瀬さん)が美津山宗介(萩原利久さん)に「見たことない? 今やってる月10ドラマとか」と聞く場面が登場。視聴者から「他局の主演ドラマwww」「恋マジじゃん」と、広瀬さん主演のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマに絡めた声が多く上がった。

 第9話では、愛情表現が下手な宗介が一華とハグをしようとする。宗介のぎこちない様子に、一華は「ちょっと待って。(腕に)角度ついてたんだけど。ちゃんとやってよ」とハグを拒否。宗介が再びハグをしようとすると、一華は「見たことない? ドラマとか。今やってる月10ドラマとかさ」と、身ぶり手ぶりでハグの仕方を教えた。

 放送中の「月10ドラマ」は、広瀬さん主演の「恋なんて、本気でやってどうするの?(恋マジ)」。さまざまな立場の登場人物たちによる複数の恋を描く群像劇が話題で、広瀬さんは恋愛経験ゼロのヒロイン・桜沢純を演じている。

 一華の「月10ドラマ」発言に、SNSでは「自分のドラマですやん!」「アリスちゃん自分で言った!(笑い)」「今やってる月10ドラマの抱擁シーンはスマートだもんね」などとツッコミが相次ぎ、ツイッターでは「月10ドラマ」がトレンド入りした。

 広瀬さん本人も、自身のツイッターで「気づいた?」「使ってくれた日テレ様、読テレ様に感謝」と反応した。

 原作は井上真偽さんの同名小説(講談社タイガ)。2018年7月期放送の連続ドラマ「探偵が早すぎる」の続編で、ささいな違和感やミスを察知して殺人計画を未然に防ぐ探偵・千曲川光(滝藤さん)の活躍を描く。

テレビ 最新記事