パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~:最終話 “小比類巻”ディーン・フジオカら科学犯罪対策室が奮闘 “榊原”加藤雅也の計画とは?

連続ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」最終話の一場面=日本テレビ提供
1 / 4
連続ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」最終話の一場面=日本テレビ提供

 俳優のディーン・フジオカさん主演の連続ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」(日本テレビ系、土曜午後10時)最終第10話が6月25日に放送される。予告映像には「人類選抜計画」「科学犯罪対策室に託された人類の未来」などの文字が並ぶ。

 小比類巻(ディーン・フジオカさん)は、星来(鈴木凜子さん)と最上(岸井ゆきのさん)を救うため、榊原(加藤雅也さん)の研究所を目指す。小比類巻は西城(平山祐介さん)の取引現場を突き止めた。西城は、部下にボディーハッカージャパンの研究所から研究資料とナノマシンを盗み出させ、榊原の元へ運ぼうとしていた。小比類巻はすきを突いて西城たちの乗る船に忍び込み、榊原の研究所にたどり着く。

 研究所では、最上がナノマシンの改良に成功し、星来に投与。プロメテウス・ウイルスの暴走が抑えられて星来は一命を取りとめるが、榊原は「プロメテウス・ウイルスを改良する」と言い出す。榊原は、ウイルスに強い耐性を持つ星来の体内でプロメテウス・ウイルスと別のウイルスを掛け合わせることで、より感染力の強いウイルスを作り出そうとしていた。最上は星来の体を心配して必死で止めようとするも、星来にウイルスが投与され、星来の体内で最強最悪のウイルスが作り出される。

 長谷部(ユースケ・サンタマリアさん)は、榊原の所在を懸命に捜査。島崎(板尾創路さん)は榊原の言い残した言葉「最後の審判」が気に掛かり、榊原には不老不死とは別の目的があるのでは、と疑念を抱く。

 研究所に潜り込んだ小比類巻HA実験室にたどり着くと、研究員1人が倒れ、急激に老化して死ぬ。実験室内でプロメテウス・ウイルスに感染したのだ。榊原の部下・影山(鷲見玲奈さん)は、パニック状態に陥る研究員たちを閉じ込め「最後の審判が始まるのよ」と告げ……。

 ドラマは、科学犯罪対策室を創設した理系出身の警察官僚・小比類巻が、天才科学者・最上をアドバイザーに迎え、最先端科学にまつわる事件を捜査する姿を描く。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事