明日、私は誰かのカノジョ:“ゆあてゃ”齊藤なぎさの修羅場シーンに反響 「原作通り」「リアル」の声も

連続ドラマ「明日、私は誰かのカノジョ」第11話の一場面(C)「明日、私は誰かのカノジョ」製作委員会・MBS
1 / 1
連続ドラマ「明日、私は誰かのカノジョ」第11話の一場面(C)「明日、私は誰かのカノジョ」製作委員会・MBS

 女優の吉川愛さん主演のMBS・TBS深夜「ドラマイズム」枠連続ドラマ「明日、私は誰かのカノジョ」の第11話が、6月21日深夜に放送された。アイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」の齊藤なぎささん演じるゆあと、ハルヒ(藤原樹さん)が口論する場面が登場。SNSでは、「ゆあてゃとはるぴの修羅場シーン、やばかったな」「ゆあてゃの役の子かわいいし原作通り!」などの反響があった。

 原作は、をのひなおさんがウェブマンガサービス「サイコミ」(Cygames)で連載中の同名マンガ。章ごとに異なる女性が主人公のラブストーリーで、コンプレックスや悩みを抱える女性の葛藤を描く。

 第11話では、ハルヒとの関係が一層こじれながらも、何とか維持している優愛だったが、下着姿の女性と眠るハルヒの画像が流出。優愛は、「私はあんなうかつな画像撮られるお前の意識の低さにキレてんだよ! 客の管理ぐらいちゃんとしろ! クソホストが!」と怒りを爆発させると、ハルヒも「なんだよそれ。売り上げのために飲んで、行きたくもないアフターでも飲んで、俺は潰れることすら許されないわけ?」と応戦。二人は激しく口論となってしまい……。

 SNSでは、「齊藤なぎさちゃんほんとに演技うますぎない? なんかリアルな感じする」「齊藤なぎさちゃん、原作マンガから出て来ましたか?みたいなセリフの言い回しや緩急の付け方」「まじゆあてゃまんま、髪の毛乱れ方もリアル感」「原作のワンシーン思い出した」などの声が上がった。ほかにも、「優愛ちゃんの気持ち分かる」「“明日カノ”は色々共感できる」という意見も上がっていた。

テレビ 最新記事