山崎紘菜:次期「舞いあがれ!」で帰国子女役 朝ドラ出演の夢かない「うれしい気持ちでいっぱい」

2022年度後期のNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」に出演する山崎紘菜さん
1 / 1
2022年度後期のNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」に出演する山崎紘菜さん

 女優の山崎紘菜さんが、福原遥さん主演で今年秋から放送の2022年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」に出演することが7月19日、明らかになった。山崎さんは朝ドラ初出演で、ヒロイン・舞(福原さん)と航空学校で出会う帰国子女の矢野倫子を演じる。

 山崎さん演じる倫子は、おしゃれやメークが大好きな帰国子女。商社で働いていたが、男性が優先される職場で悔しい思いを重ね、思い切ってパイロットになることを決意。女性機長となることを目指す。舞とは航空学校の寮で同室になる。

 山崎さんは「朝ドラへの出演は密かに自分の中でずっと抱いていた目標だったので、今作で夢をかなえることができ、うれしい気持ちでいっぱいです」といい、「私が演じる倫子は、平等で公平な価値観を持った、芯のある強い女性です。そんなすてきな役を任せていただけたことへの喜びと緊張で、今からどきどきしています」とコメントを寄せている。

 山崎さんは1994年4月25日生まれ、千葉県出身の28歳。モデルとしても活躍し、女優としてはハリウッド映画「モンスターハンター」(2020年)に出演したことでも知られる。

 また、人気グループ「Snow Man」の目黒蓮さん、濱正悟さん、醍醐虎汰朗さん、佐野弘樹さんの出演も発表された。

 「舞いあがれ!」は“ものづくりの町”として知られる東大阪と、自然豊かな長崎・五島列島を舞台とする作品になる。1990年代から現代、ヒロインが東大阪と五島列島で、さまざまな人と絆を育みながら、空を飛ぶ夢に向かっていく挫折と再生を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画