山田杏奈:「新・信長公記」で唯一の“武将ではない”女子高生役 「ここまでコミカルタッチな作品は初めて」 “信長”永瀬廉との撮影エピソードも

連続ドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」でヒロインの日下部みやび役を演じる山田杏奈さん
1 / 5
連続ドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」でヒロインの日下部みやび役を演じる山田杏奈さん

 人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さん主演の連続ドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」(日本テレビ系、日曜午後10時半)でヒロインを務める女優の山田杏奈さん。演じるのは、戦国武将のクローン高校生たちだらけの教室で唯一武将ではない普通の女子高生・日下部みやび。クラスの紅一点で、武将たちに振り回されつつも堂々と渡り合っていくという役どころだ。山田さんにみやび役の印象や自身との共通点、永瀬さんとの撮影エピソードなどを聞いた。

 ◇コミカルタッチは「すごく難しい」

 ドラマは、「LIAR GAME」などの甲斐谷忍さんによるマンガ「新・信長公記~ノブナガくんと私~」(講談社)が原作。2122年を舞台に、戦国武将のクローン高校生たちが「学園の天下統一」を目指す物語。永瀬さんが主人公の織田信長を演じ、人気グループ「なにわ男子」の西畑大吾さんが豊臣秀吉、俳優の三浦翔平さんが伊達政宗、満島真之介さんが武田信玄、濱田岳さんが黒田官兵衛、小澤征悦さんが徳川家康を演じる。

 クラスメートが「天下統一」を目指す戦国武将のクローンたち……という斬新な設定。原作を読んだ山田さんも「『何だこの話は』となりました(笑い)」と驚いたものの、「策略、キャラクターの強さ、面白さ、しっかりした心理戦などいろいろな要素が入っていて、面白いなと思いました」と感じたという。

 演じるみやびは、クラスで唯一の武将ではない普通の女の子。学級委員長を務めるみやびは芯が強く、武将たちとも堂々と渡り合う。山田さん自身も、「言うときは言う」面を持っているといい、その芯の強さは共通点だ。ただ、誰に対しても話し方を変えないスタンスは、自身とは似ていない部分という。「みやびは、たとえば近所の子供たちに何かもの申すときも、理事長に対しても、同じ言い方をする子なんです。私は相手に対していろいろと変えてしまうけど、みやびはすごく真っすぐにものを言うので、そこが自分とは違うなと思いました」と語る。

 みやびのしゃべり方は、原作にはないオリジナル要素だ。山田さんも「すごく面白い」といい、「ちょっと時代劇みたいな口調というか……『なんとかでございます』とか『母(はは)さま』とか。それがすごく面白いなと思っています」とほほ笑む。

 「ここまでコミカルタッチな作品をやらせてもらうのは初めて」という山田さん。演じる際に意識しているのは、驚くリアクションの際などで「ネガティブな方向に行かない」ということだ。「重くなりすぎないようにポンポン反応していく、という意味では、それがすごく効いてくるのかなと思っています」と語り、さらに「面白いお芝居をするって、すごく難しいことだなと思っていて……。自信を持ってできているわけじゃないんですけど、人のお芝居を見て『こうやって言ったら面白いのかな』ということを頭の中でシミュレーションしています(笑い)。みなさんのお芝居を見て、『このタイミングでそれをやるのはすごいな、なるほどな』と思う。本当に達者な人が多くてすごいな、と日々思っているので、ずっと(周りの芝居を)見ています」と笑う。

 ◇“学園もの”とは思っていない

 そんなみやびのクラスメートであるクローン高校生役には、比較的歳が近い信長役の永瀬さん、秀吉役の西畑さんのほか、濱田さん、小澤さんなど30代、40代の俳優も。そうした環境について、山田さんは「“学園もの”だと思っていないかもしれない」と笑う。「でも高校生ではあるけれど、授業があるわけではないので。本当に武将が戦う話しかしていないんです(笑い)。だから舞台は高校だけど、お芝居をしていてあまり学園もの、という認識がないかもしれないですね。でも、それがすごく面白いところだなと思います」と魅力を語る。

 最近では連続ドラマ「未来への10カウント」や「17才の帝国」など高校生役の出演が続き、「本当に高校生の役ばかりやっていますね」と笑う山田さん。今回は普通とは違う高校生活を送るため、「高校生の役を演じるとなるとテンションもちょっと上げなきゃいけないのかなと思うけど、今回はわりと落ち着いていて。高校生というより、みやびとしていれば大丈夫、という感じなので、『高校生だから』とはあまり考えていないかもしれないです」と話す。

 なお、高校生役が続いていることはひとつの縁といえるが、女優を続ける中で、実はほかにも同じように縁を感じていることがある。「“サチ”という名前は、主演やヒロインのような役で3回ぐらい経験しています。たまたまなんですけど『またサチだ!』って。『新米姉妹のふたりごはん』『幸色のワンルーム』と『17才の帝国』もサチで、すごく続くなと思いました。“みやび”という役も2回目です。面白いですね(笑い)」と意外な縁を面白がる。

 ◇King & Prince高橋海人から…

 主演を務める永瀬さんとは、今作が初共演。これまでは「King & Prince」のメンバーとしての印象が強く、「歌って踊っている姿しか拝見したことがなくて。すごく凛として、きりっとしているイメージ」だったという。そんな永瀬さんとの共演について、山田さんは「この作品の信長は、ちょっと抜けているところがあるというか、『堂々としているけど、それが面白い』というようなところがあるので、どういうお芝居をされるんだろうと思っていたんですが、もう本当に“信長”で……『ちょっと変だな』みたいなところがあって。それをスッとやっていらっしゃるのがすごいなあと思いました」と振り返る。

 6月に最終回を迎えたドラマ「未来への10カウント」では、永瀬さんと同じ「King & Prince」メンバーの高橋海人さんと共演し、「『(永瀬さんは)すごくいい人だよ』と言っていて。安心しました(笑い)」と山田さん。今作の撮影初日には、そんな永瀬さんの人柄を表すような、印象に残るエピソードもあった。「朝、私が先に現場に入っていて、その後永瀬さんが入られて。『おはようございます、よろしくお願いいたします!』と言ったら、すごく眠そうで(笑い)。移動中で寝ていたんだろうなと思ったんですけど、後から改めて『よろしくお願いします!』と言われて……改めてわざわざ声をかけてくれて、すてきな人だなと思いました」とほほ笑む。

 最後にドラマの見どころについて聞くと、山田さんは部屋や衣装の細かいこだわりを挙げた。「みやびの部屋も、本当にタイムスリップしたみたいで『いつの時代の人の部屋なの』という部屋に住んでいて面白いんです。それと、私服もちょっと着物っぽい服を着ているとか、そういうところも細かくて。衣装はみんなすごく面白くて、たとえば豊臣秀吉は猿(の絵)がついていたり、凝っているな、と。そういうところも見ていただくと面白いと思います」と語ってくれた。

 ※ヘアメーク:菅長ふみ(Lila)、スタイリスト:武久真理江

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事