新・信長公記:第4話 「天下を獲る」“信長”永瀬廉が動き出す “家康”小澤征悦につく“裏切り者”が!?

連続ドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」第4話の一場面=読売テレビ提供
1 / 5
連続ドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」第4話の一場面=読売テレビ提供

 人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さん主演の連続ドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第4話が8月14日に放送される。

 徳川家康(小澤征悦さん)が「誰かを倒す」と旗印を提出した。いつ自分が狙われるか分からない状況に、武将たちはざわつく。

 トレーニング室では、家康、明智光秀(萩原利久さん)、“謎の人物”が話していた。家康は“謎の人物”に「お前の考えた作戦。実に面白いぞ」と言い、「しかし、お前がこちらについたとは思わんだろなぁ」と不敵な笑みを浮かべる。

 教室では、今川義元(松大航也さん)が、やりたい放題の家康に怒りを爆発させていた。竹中重治(柳俊太郎さん)は落ち着くよう声をかけるが、豊臣秀吉(西畑大吾さん)も「今川の言う通り」と騒ぎ始める。クラスメートたちがもめる中、家康をどう止めるつもりかと問われた織田信長(永瀬さん)は、「和の心を持って、天下を獲(と)る」と宣言して……。

 原作は「LIAR GAME」などの甲斐谷忍さんのマンガ「新・信長公記~ノブナガくんと私~」(講談社)。2122年を舞台に、戦国武将のクローン高校生たちが「学園の天下統一」を目指す。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事