清原果耶:翠色のカラコンで「霊媒探偵・城塚翡翠」クランクイン 瀬戸康史が興味津々

連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」のクランクインを迎えた瀬戸康史さん(左)と清原果耶さん=日本テレビ提供
1 / 2
連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」のクランクインを迎えた瀬戸康史さん(左)と清原果耶さん=日本テレビ提供

 女優の清原果耶さんがこのほど、主演を務める10月期の連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠(ひすい)」(日本テレビ系、日曜午後10時半)のクランクインを迎えた。ヒロインの霊能力者・城塚翡翠は翠(みどり)色の瞳が特徴で、演じる清原さんはカラーコンタクトを着用。同日に撮入した俳優の瀬戸康史さんはカラーコンタクトに興味津々で、監督を交えながら「すごい!」「でもなじんでるね」などと話したという。

 ドラマは、相沢沙呼さんの人気ミステリー「medium 霊媒探偵城塚翡翠」(講談社文庫)が原作。霊視により事件の犯人を特定できる翡翠が、死者からのヒントを頼りに難解な事件を解決に導く。瀬戸さんは、翡翠と事件に立ち向かう推理作家・香月史郎を演じる。

 撮影は、翡翠が依頼者のマンションを香月と共に訪ねるシーンからスタート。室内では予想外の事態が発生していて……という展開で、同場面の写真も公開された。

 原作者の相沢さんは、「原作のキャッチコピーは『すべてが、伏線』でした。それ故に、実写にするにはとても複雑で大変な物語なのですが、ともに難しい役柄である城塚翡翠と香月史郎を、実力のあるお二人に演じていただくということで期待が膨らみます」とコメント。

 「僕も原作者として微力ながらお手伝いをさせていただいておりますので、原作を未読の方はもちろん、既に読んだことのある人であっても楽しんでもらえるような、そんなドラマを作ってもらえるとうれしいなと思います」と話し、「清原果耶さんの降霊シーンと、瀬戸康史さんの推理シーンを早く見てみたいですね」と期待を寄せた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事