親愛なる僕へ殺意をこめて:“サイ”尾上松也「怖すぎ」 拷問好きのサイコパス演技に「後鳥羽上皇とのギャップがすごいw」

連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」第1話の一場面(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」第1話の一場面(C)フジテレビ

 人気グループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さん主演の連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」(フジテレビ系、水曜午後10時)第1話が10月5日に放送され、尾上松也さん演じる“サイ”こと佐井社に、視聴者から「尾上松也がめちゃくちゃ怖かった」「レロレロからの急所潰しやばすぎ」「尾上松也さん後鳥羽上皇とのギャップがすごいw」といった声が相次いだ。

 ドラマは、累計発行部数120万部を突破した井龍一(いのりゅう・はじめ)さん作・伊藤翔太さん画の同名マンガ(講談社)が原作。自分は二重人格だと悟った大学生の浦島エイジ(山田さん)が「もう一人の自分」が殺人を犯しているかも、と不安に駆られ、真相を追い求めて行くサスペンス。エイジは、15年前に日本中を震撼(しんかん)させた連続殺人事件の容疑者“LL”こと八野衣真(早乙女太一さん)の息子という設定だ。

 第1話では、15年前のLL事件と酷似した殺人事件が発生し、警察から疑われたエイジが、自身のもう一つの人格“B一”に気付き、足跡を追うことを決める。B一が接触していた半グレ集団「スカル」のリーダー・サイと行動を共にしていく。

 サイは、LLの息子であるエイジに強く興味を抱いており、親しげにエイジに接する。しかし、拷問好きの一面を持っており、エイジは次第にサイの残虐性を目の当たりに……と展開した。

 ハサミで指を落とす、金槌(かなづち)で急所をつぶす……などサイが拷問するシーンに、SNSでは「松也さんのサイが狂いすぎててほんとに怖い怖すぎる」「尾上松也の役が一番の多重人格だろって言いたい」「サイの演技狂いすぎてて……夢に出てこないといいな」などと悲鳴が上がった。

 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合)で後鳥羽上皇を演じている尾上さんだが、SNSでは「鎌倉殿とはまた違った種類の悪そうな役をされてる」「上皇様……随分はっちゃけましたな」といったコメントも並んでいた。

テレビ 最新記事