君の花になる:「あんたに花丸つけたい」 手のひらに花丸描く“弾”高橋文哉に「キュンしかない」の声

連続ドラマ「君の花になる」第7話の一場面 (C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「君の花になる」第7話の一場面 (C)TBS

 女優の本田翼さん主演の連続ドラマ「君の花になる」(TBS系、火曜午後10時)の第7話が11月29日に放送された。ラストでは、高橋文哉さん演じる7人組ボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」の佐神弾が、仲町あす花(本田さん)の手のひらに“花丸”を描く場面が登場。SNSでは、「手のひらに花丸はキュンしかない……」「手のひらに花丸書くとか、、弾ちゃん可愛すぎだろ」といった反響があった。

 第7話では、弾の母校での「8LOOM(ブルーム)」のライブに駆け付けるも、トラウマで動けなくなってしまったあす花。明るく振る舞うあす花を弾が心配する中、メンバーの発案で「寮母感謝デー」をサプライズ開催することに。そんな中、弾らは、あす花の元同僚・池谷(前田公輝さん)からあす花の退職の真相を知り……と展開した。

 寮母感謝デーでは、「8LOOM」のライブで動けなくなってしまったときのことについて振り返り、迷惑をかけてしまったことを謝罪したあす花。「何いつまでウジウジしてんだバーカって話だよね」と明るく話すあす花に、弾は「バカなんかじゃねえから」ときっぱりと話し、「ていうか、花丸なんか、無理して付ける必要なくね? 三角とか丸で何がダメなんだよ」と励ます。

 さらに弾は、「あんたに花丸なんかついてなくても、俺にとって、あんたはずっとずっと最高だから」と伝える。

 ラストでは、寮の屋上で、弾があす花に「ずっと考えてた。感謝のプレゼント。いや、あんたのこと。俺、あんたが好きだ」と告白する展開に。あす花の手を取り、「自分で無理に花丸つけることないし、俺は花丸じゃなくていいって思ってるし。でも、あんたは最高だから。あんたに花丸つけたい」と手のひらに指で花丸を書く様子が映し出された。

 SNS上では、「ツン多めの弾くんが真っすぐに伝えてて涙だった」「寮母感謝デー最高だった。屋上での花丸シーンはかわいくてきゅん」「弾くんに花まる貰いたい笑」「まじ弾のいう通りで涙出そう」といった感想が書き込まれ、盛り上がりを見せていた。

テレビ 最新記事