舞いあがれ!:事務員・山田の嫌み再び 舞に“一人だけ救命胴衣” 視聴者も驚き「すげー根性してる」

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第65回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第65回の一場面(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第65回が1月5日に放送され、IWAKURAの事務員・山田(大浦千佳さん)の舞(福原さん)への嫌みが再び飛び出した。

 第63回(12月28日放送)で、昼休憩で肩をほぐしていた舞に対して「そんなにしんどいですか? 『私、頑張ったあ』っちゅうアピールかと思いましたわ」と嫌みっぽく伝えていた山田。

 第65回では、「頭が痛い」という山田を舞が心配する。山田は「ただの二日酔いです。昨日、合コンで」と言うと、舞は「スポーツドリンク買ってきましょうか?」と気遣う。すると山田は、「私にごまをする必要はありませんよ。どうせ短い付き合いやし。お嬢さんが辞めるのが先か、私が辞めさせられるのが先か。またリストラされるみたいですよ?」と語る。

 舞が「ほんまですか?」と尋ねると、山田はため息をつきつつ、「そういうの、なんかイライラするんですよね。『私も沈みそうな船乗ってる仲間』って顔されんの。一人だけ救命胴衣を着てはんのに」と冷たく言い放った。

 SNSでは「山田事務員の気持ちも分からんでもないけど、舞ちゃんに言うても仕方ないやろ」「山田すげー根性しとるな。どうせリストラされると思って、やけくそなんかな」「真っ先に辞めさせられる覚悟で社長の娘に言ってんだろうなあ」「このリアルな女性従業員の山田さん、めちゃくちゃ演技いいな」といった反響が集まっている。

テレビ 最新記事