舞いあがれ!:めぐみママ「うそ? うそやん、な?」 ラストの衝撃展開に視聴者は言葉失う(ネタバレあり)

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第66回の一場面(C)NHK
1 / 2
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第66回の一場面(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第66回が1月6日に放送され、最後の衝撃展開に視聴者も言葉を失った。

 ◇以下、ネタバレがあります

 IWAKURAでは、試作で合格をもらったネジが100万本以上の大量発注を受けることになるが、納期期限は2週間後で、さらに正式な本発注は受けていないという状況になっていた。浩太(高橋克典さん)は、本発注の前にネジの生産を始める決断をするが、直前で設計が変更となり、本注文がなしになってしまう。

 ある夜、工場にいる浩太にめぐみ(永作博美さん)が電話をかけるが出なかったため、舞(福原さん)と共に様子を見に行くことに。そこには、おなかのあたりを手で押さえながら倒れている浩太がいて、急いで病院へ向かった。

 しかし、手術室から出てきた医師は「バイパスの手術をしましたが、心臓の動きが戻ってきませんでした。手は尽くしましたが……。大きな発作で、お助けできませんでした」と告げる。

 めぐみは大粒の涙を流しながら「うそ? うそやん、な?」と取り乱し、隣で涙を流していた舞は「お母ちゃん……」とめぐみを抱え、2人でその場に膝から崩れ落ちてしまった。

 SNSでは「衝撃のラストにびっくりしてる朝」「展開ヤバすぎて動揺してる」「想定外の展開に唖然」と受け入れられないコメントが続出している。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事