相棒season21:忍成修吾「またクズの役してるw」「本当にうまい」と話題に 仮面ライダーファンも反応「自暴自棄になったギロリさん」

連続ドラマ「相棒season21」第14話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「相棒season21」第14話の一場面=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ相棒season21」(テレビ朝日系、水曜午後9時)第14話が1月25日に放送され、俳優の忍成修吾さんがゲスト出演。視聴者から「忍成くんまたクズの役してるwww」「イカれてる役うまいよなぁ」といった声が次々と上がった。

 忍成さんが演じたのは、通り魔殺人を犯し14年間服役して出所した柳沼勝治。柳沼は出所の直前、脳梗塞(こうそく)で倒れ、まぶたしか動かせない寝たきりになっており、獄中結婚した聖美(陽月華さん)が身の回りの世話をしていた。そんな柳沼宅で、ホームヘルパーの男性が何者かに殺害されて……というのが同話の展開だった。

 15年前、三度目の大学受験に失敗して自暴自棄になり「死刑になりたくて」見ず知らずの女性を殺害した柳沼。出所して病に倒れた後も反省のかけらはなく、「柳沼勝治@元殺人犯」というSNSアカウントまで作っていた。

 SNSでは「忍成くん本当に犯人役というか狂ったようなクズのヤバい役が似合いすぎる」「寝たきりの役かと思ったら、すがすがしいくらいのクズ演技で、やっぱり忍成修吾だよな~とw」「忍成さん、ムカツクヤツの演技が本当に上手いなあ~!」といった声が続出した。

 また放送中の特撮ドラマ「仮面ライダーギーツ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)でゲームマスター・ギロリを演じたことに触れ、「ギロリ、相棒世界に転生したのか」「ゲームマスターの座を降ろされて自暴自棄になったギロリさん」といった仮面ライダー視聴者の声も上がっていた。

テレビ 最新記事