舞いあがれ!:八木のおっちゃん、思い人は恋人? 友人? 明かされた過去に「想像が膨らむ」の声

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第122回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第122回の一場面(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)第122回が3月27日に放送され、八木(又吉直樹さん)の過去が明らかになった。

ウナギノボリ

 八木に会うため、パリに行った貴司(赤楚衛二さん)は自分が短歌を詠めなくなった理由を「結婚して幸せになったからって思ってしもて……」と打ち明ける。

 八木は「学生のときな、詩ぃをあげたいと思う人ができた。本気で世界を変えたい言うて、いつも戦ってた。けど、随分前に自分で生きんのやめよった」と打ち明けた。

 貴司が「その人はおっちゃんの恋人?」と聞くと、八木は「しんどなったらな、会いに行くねん。忘れんために、探しに行くんや。その人がおったことある場所にな」と、恋人かどうかは明確には答えなかった。

 続けて八木は「知り合いのおらん街、ひとりぼっちで歩いてたら声が聞こえる時がある。昔と変わらん、優しい声がな。そっと会いに来てくれるんや」と伝えた。

 そして、八木は「呼ばれたから行くわ。パリでしばらく暮らしたらええ。誰の声が聞こえる? 話したいこと見つかったら、言葉にしてみ」とメモを置いて、次の場所へと旅立っていた。

 SNSでは「八木のおっちゃんの思いびと。恋人だったのか恋人と呼べたのか、想像が膨らむわ」「八木のおっちゃんの大切な人が、男か女か、恋人か友人か、曖昧なまま、ただ大切な人として描かれるのがよかった」「書き置きだけ残して呼ばれた場所へ行くのも、八木のおっちゃんらしくてカッコいいなぁ」といったコメントが寄せられている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画