Dr.チョコレート:第8話 爆破テロ発生 患者は「め組」の人間 “お笑い”前田旺志郎、オペ参加を拒絶

連続ドラマ「Dr.チョコレート」第8話の一場面=日本テレビ提供
1 / 6
連続ドラマ「Dr.チョコレート」第8話の一場面=日本テレビ提供

 坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「Dr.チョコレート」(日本テレビ系、土曜午後10時)第8話が6月10日に放送される。

 ショッピングサイト「DOUZO」の配送センターが爆発炎上。Teacher(坂口さん)は、爆発に巻き込まれて海王病院へ搬送された重傷患者の中に「め組」の堤(佐野弘樹さん)がいると知って焦る。唯(白山乃愛さん)の両親・寺島夫妻の殺害に関与している可能性のある堤に死なれては、事件の真相がまた遠ざかる。何としても救いたいTeacherは、自ら依頼人となってカンパニーに堤のオペを依頼するが、誰にも知られずにオペができる場所はカンパニーのアジトしかない。

 奥泉(西野七瀬さん)は、「め組」の捜査に動き出した刑事・与田(平子祐希さん)から協力を求められる。見返りを要求する奥泉に、与田は「め組」の実行犯・沢入(福山翔大さん)を釈放させた真の黒幕の名前を明かす。

 アジトで堤のオペをすることに難色を示すメンバーたち。「め組」にアジトを知られれば、唯の両親のように自分たちの命も狙われかねないからだ。うなぎ(斉藤由貴さん)の説得もあって話はまとまるが、お笑い(前田旺志郎さん)だけは参加を拒絶。6年前、愛する女性と共に巻き込まれたある事件が関係していたからだ。

 Teacherは残高(小澤征悦さん)、出川(古川雄大さん)と共に堤をアジトへ運び込む。すると、その動きに気付いた沢入(福山翔大さん)らが「め様」の指示で堤の口封じのためにオペ阻止を画策。「め組」の凶弾が唯達に迫り……?

 企画・原案は秋元康さん。利き腕を失った元医師の「Teacher」野田哲也と、天才的な手術技能を持つ10歳の少女「Dr.チョコレート」寺島唯がタッグを組み、個性あふれる超優秀な医療スペシャリスト集団「チョコレート・カンパニー」と共に、ワケあり患者の命を救う物語。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画