麒麟がくる:次週予告に加藤清史郎 正親町帝の子・誠仁親王役 信長が接近する皇太子

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で誠仁親王を演じる加藤清史郎さん (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第38回「丹波攻略命令」(12月27日放送)の予告が12月20日、公開され、加藤清史郎さん演じる誠仁(さねひと)親王の登場が明らかにされた。

 誠仁親王は正親町帝(おおぎまちてい、坂東玉三郎さん)の子にして、帝の後継者。正親町帝と距離ができた信長(染谷将太さん)が接近する皇太子。予告には「容赦せぬぞ」とのせりふも入っていた。

 なお、第38回「丹波攻略命令」では、芦田愛菜さん演じるたま(後の細川ガラシャ)も初登場する。

「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る