福原遥:「舞いあがれ!」ヒロイン、NHK大阪局長も期待 「透明感、誠実、前向きな人柄がぴったり」

2022年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」のヒロインを演じる福原遥さん
1 / 1
2022年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」のヒロインを演じる福原遥さん

 NHK大阪放送局(大阪市中央区)の角英夫局長が12月2日、同局で定例会見を開催。女優の福原遥さんが、2022年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」のヒロイン・舞を演じることついて「民放の連続ドラマに連続出演しており、定評もある。透明感があり誠実で前向きな人柄が、ヒロインの舞にぴったり」と期待を寄せた。

 本作は同局が制作することが決定している。角局長は、福原さんと話をしたといい、「大阪の包み込むような人柄、土地柄が大好きだとおっしゃっていました」とも語っていた。

 「舞いあがれ!」は“ものづくりの町”として知られる東大阪と、自然豊かな長崎・五島列島を舞台とする作品になる。脚本はNHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」などで知られる桑原亮子さんが担当する。描く時代は、1990年代から現代。ヒロインが、ものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島でさまざまな人との絆を育みながら、飛ぶ夢に向かっていく挫折と再生を描く。

 朝ドラは上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんがヒロインを務める「カムカムエヴリバディ」が放送中。2022年度前期は黒島結菜さんがヒロインを務める「ちむどんどん」が放送される。

テレビ 最新記事