内藤秀一郎&瀬戸利樹:“仮面ライダーセイバー&ブレイブ”がオフィスBLコメディー ドラマ「先輩、断じて恋では!」でW主演

6月16日深夜スタートの連続ドラマ「先輩、断じて恋では!」でダブル主演を務める内藤秀一郎さん(右)と瀬戸利樹さん(C)「先輩、断じて恋では!」製作委員会・MBS
1 / 7
6月16日深夜スタートの連続ドラマ「先輩、断じて恋では!」でダブル主演を務める内藤秀一郎さん(右)と瀬戸利樹さん(C)「先輩、断じて恋では!」製作委員会・MBS

 俳優の内藤秀一郎さんと瀬戸利樹さんのダブル主演の連続ドラマ「先輩、断じて恋では!」が、MBSの1年限定のドラマ枠「ドラマシャワー」(木曜深夜1時29分)の第2弾作品として6月16日から放送されることが分かった。特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(2020~21年)で主人公の仮面ライダーセイバー/神山飛羽真を演じた内藤さんと、「仮面ライダーエグゼイド」(2016~17年)で仮面ライダーブレイブ/鏡飛彩を演じた瀬戸さんの、仮面ライダー出身俳優が繰り広げる“オフィスBLコメディー”となる。

 ドラマは、晴川シンタさんの同名マンガ(KADOKAWA、フルールコミックス)が原作。天才CGデザイナーの“先輩”柳瀬淳(内藤さん)と、柳瀬が教育を任されることになった無表情で無愛想な“後輩”金田優希(瀬戸さん)が、仕事を通し次第に距離が縮まっていき……というストーリー。全8話。

 内藤さんは「柳瀬は表向きは優秀、天才肌、ちょっとチャラめで男女問わずモテる。完璧のように見えるけど、心には悩みも抱えているキャラです! 少し裏表があるところに魅力を感じさせるそんな男性です! 実際演じてみて、最初は難しいというよりも、悲しくなることが多かったんですが、金田との出会いで、僕自身も柳瀬を好きになりました。自分の本当の気持ちを隠して生きることに、少し親近感も湧きました。柳瀬淳という人間も愛してもらえるように演じたので皆様、ぜひお楽しみに」とコメント。

 瀬戸さんは「ラブコメディーは初めてではありませんが、今回は受ける芝居が多く、キュンとする言葉を言われる側のあまり経験したことのない気持ちに寄り添うことが課題で難しかったです。リアクションが大事な要素なので、キュンとする部分、コメディーの部分のメリハリを大事にしました。誰しもが思ったことのあるモノローグの数々、リアリティーあふれる空間を楽しんでいただけたらなと思います。よろしくお願いします」と呼び掛けた。

 ドラマはMBSのほか、テレビ神奈川、チバテレ、テレ玉などでも順次放送。動画配信サービス「TVer」「GYAO!」「MBS動画イズム」で見逃し配信もされる。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事