六本木クラス:早乙女太一 “新”竹内涼真を絶望の淵に落とす 巨大外食産業会長のドラ息子

7月7日に始まる連続ドラマ「六本木クラス」で長屋龍河を演じる早乙女太一さん(C)Kwang jin /tv asahi
1 / 1
7月7日に始まる連続ドラマ「六本木クラス」で長屋龍河を演じる早乙女太一さん(C)Kwang jin /tv asahi

 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系、木曜午後9時)が7月7日に始まる。大ヒットした韓国ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」の原作マンガを日本の設定に置き換えて翻案したチョ・グァンジンさんのマンガ「六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~」が原作。強大な権力を持つ日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」に絶望の淵に立たされた宮部新(みやべ・あらた/竹内さん)が、復讐(ふくしゅう)を誓い、下克上を目指す姿を全13話で描く。初回は10分拡大で午後9時~同10時4分に放送。

 ここでは、俳優の早乙女太一さん演じる長屋龍河を紹介する。

 ◇“優香”新木優子に恋心も

 龍河は、長屋ホールディングス会長・長屋茂(香川照之さん)の長男。後継者候補だが、父の権威を振りかざして傍若無人に振る舞うドラ息子。楠木優香(新木優子さん)に恋心を抱いている。龍河が新に殴られたことで新は高校を退学となる。さらに龍河の引き起こしたある事が新を絶望の淵に落とす。

 ◇初回ストーリー

 2006年秋、高校生の新は警察官になることを夢見ながら、長屋ホールディングスに勤める父の信二(光石研さん)と支え合って仲良く暮らしていた。ある日、信二の本社栄転に伴い、新は転校することに。

 転校初日、新は級友の桐野雄大(矢本悠馬さん)が長屋ホールディングスの御曹司・龍河に執拗(しつよう)ないじめを受けているのを目撃。学校に莫大な寄付をしている父の権力を振りかざし、傍若無人に振る舞う龍河には、生徒も教師も見て見ぬふり。居ても立ってもいられなくなった新は、隣の席の優香の制止を振り切り、龍河の顔を殴る。

 連絡を受けて学校に来た長屋ホールディングス会長の茂と信二。茂の顔色をうかがう校長は新を退学処分にすると告げるが、茂は新が土下座をして謝れば許すと言い出す。

 しかし、父の「信念を持って生きよ」という教えを大切にする新は土下座を拒否。信二はそんな新を誇らしいと言い、自ら申し出て退職。新も退学する。信二は「これからも信念を貫け」と優しく心強い言葉を掛け、父子で心機一転、前を向いて動き出すことを決意するも、ある事件が勃発して……。

テレビ 最新記事