Sister:第4話 “沙帆”瀧本美織、“陽佑”溝端淳平との別れを拒否

女優の山本舞香さん、瀧本美織さんダブル主演の連続ドラマ「Sister」第4話の一場面(C)あやぱん 蜆ツバサ・マンガボックス/ytv
1 / 8
女優の山本舞香さん、瀧本美織さんダブル主演の連続ドラマ「Sister」第4話の一場面(C)あやぱん 蜆ツバサ・マンガボックス/ytv

 女優の山本舞香さんと瀧本美織さんダブル主演の連続ドラマ「Sister(シスター)」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)第4話が11月10日に放送される。

 沙帆(瀧本さん)に婚約解消を求めた陽佑(溝端淳平さん)は、凪沙(山本さん)に、「もう何があっても離さない」と思いを伝える。

 沙帆は陽佑との別れを拒否。翌日、凪沙と陽佑が出勤すると、沙帆が陽佑の婚約者として社員たちにあいさつしていた。

 後日、沙帆にマンションへ呼び出された陽佑。部屋に入ると、背後から、以前凪沙を襲った仮面の男が現れて……?

 原作はマンガアプリ「マンガボックス」で連載された、あやぱんさん作、蜆(しじみ)ツバサさん画の同名マンガ。妹の初恋の人が、再会した姉の婚約者になっていて……というラブサスペンス。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事