君の花になる:「花丸なんて無理して付ける必要なくね?」 寮母感謝デー&“あす花”本田翼を励ます8LOOMが話題に

連続ドラマ「君の花になる」第7話の一場面 (C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「君の花になる」第7話の一場面 (C)TBS

 女優の本田翼さん主演の連続ドラマ「君の花になる」(TBS系、火曜午後10時)の第7話が11月29日に放送された。7人組ボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」が、本田さん演じる仲町あす花に感謝の気持ちを伝えようと、「寮母感謝デー」をサプライズ開催する展開に。SNSでは、「あす花さん感謝デー可愛すぎて涙出る」といった声が上がった。

 第7話では、弾の母校での「8LOOM(ブルーム)」のライブに駆け付けるも、トラウマで動けなくなってしまったあす花。明るく振る舞うあす花を弾が心配する中、メンバーの発案で「寮母感謝デー」をサプライズ開催することに。そんな中、弾らは、あす花の元同僚・池谷(前田公輝さん)からあす花の退職の真相を知り……と展開した。

 寮母感謝デーでは、部屋をキュートに飾り付けたメンバーたちが、似顔絵、イヤホン、エプロンなどをあす花にプレゼント。「あす花さん、俺らの寮母になってくれてありがとう~!」と日頃の感謝の気持ちを伝える様子が描かれた。

 寮母を始めた際に、「みんなを応援して、自分のことを好きになって、自分に花丸を付ける」と決めていたことを明かしたあす花だったが、教師時代に全て放り投げて逃げ出してしまったことを考えてしまい、花丸が付けられないと話す。先日の「8LOOM」のライブでは、学校に再び入れたら、自分のことを好きになって花丸を付けられるかも、と考えたというが、結局動けなくなってしまったのだった。

 「何いつまでウジウジしてんだバーカって話だよね」と明るく話すあす花に、弾は「バカなんかじゃねえから。ていうか、花丸なんか、無理して付ける必要なくね? 三角とか丸で何がダメなんだよ」と励ます様子が描かれた。

 メンバーたちも、花丸を付けなくても、そのままのあす花でいいとエールを送る。その後、あす花を含めて皆で円陣を組む様子が映し出され、SNSでは「最高回でした」「花丸付けなくてもよい。そう言ってくれた弾くんも本当良い」「皆で円陣を組むなんて最高かよ! 佐神くんの言葉と8LOOM最高!」「弾くんの言葉で花丸じゃなくてもいいんだと思いました」「8LOOM良い子たちばかりで最高すぎる~!」といった感想が書き込まれていた。

テレビ 最新記事