純愛ディソナンス:“路加”佐藤隆太に「愛菜美の最大の理解者」の声 比嘉愛未の言動にも「答え出てるのでは」

連続ドラマ「純愛ディソナンス」第8話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「純愛ディソナンス」第8話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔さんが主演する連続ドラマ「純愛ディソナンス」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第8話が、9月1日に放送された。新田愛菜美(比嘉愛未さん)に対する路加雄介(佐藤隆太さん)の言動が、視聴者の間で「愛菜美の最大の理解者」と話題になった。

 夫の新田正樹(中島さん)から離婚を告げられた愛菜美。正樹は和泉冴(吉川愛さん)と向き合うことを決意し、愛菜美との関係を終わらせようとしていた。焦る愛菜美は「離婚届に判は押さない」と言い張り、路加に「正樹をあの子から取り戻したい」とこぼす。

 すると、路加は「無理に新田をつなぎとめても、どうせあんたはまた自分で関係を壊すよ」と返答。「どうして自分で壊したくなるのか教えてやろうか? そもそも、あんたが自分自身を愛してないからだよ。だから、『他人に愛されるわけない』『自分は幸せになれるわけない』と思って試すようなことをする。で、傷つく前に壊すんだ」と言う。「このままいくと、あんたは作家の地位も失って自滅する。そして残るのは、大嫌いな自分だけだ。完全に自滅する前に自分で何とかしろ」と愛菜美に伝えた。

 後日、愛菜美を待ち伏せしていた路加は、戻ってきた愛菜美が結婚指輪をしていないことに気づく。愛菜美は正樹との離婚を認めたものの、路加に事情を聞かれると「諦めるわけないじゃない」と強がる。路加はそんな愛菜美の頭に手を置き、「もういいよ」と一言。愛菜美は、涙を流しながら本音を打ち明けて……と展開した。

 SNSでは「なんだかんだ愛菜美のことを一番理解してるのは路加なんだよね」「愛菜美に路加みたいな人がいてよかったなと思う」「もう路加が愛菜美のこと幸せにしてやれよ」といった意見が並んだ。

 また、愛菜美に対しても「路加の前では素直になれる」「路加には本音が言えるんだね……」と注目が集まり、ひったくりに襲われた際、最初に頼ったのが路加だったことから「助けを求めるのが夫ではなく路加な愛菜美、答え出てるのでは」という声も上がった。

テレビ 最新記事