ドラマ「Believe-君にかける橋-」の
過去の反響・感想(ネタバレあり)の記事も掲載

最終更新
記事

この「Believe-君にかける橋- 反響・感想」ページは「Believe-君にかける橋-」の反響・感想記事を掲載しています。

最新反響・感想記事

Believe-君にかける橋-:磯田社長が土下座も、都知事から非情な通告 「小日向さんの表情が読めなさすぎ」「狩山の味方になりそう」と話題に

連続ドラマ「Believe-君にかける橋-」第7話の一場面=テレビ朝日提供

 木村拓哉さん主演の連続ドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7話が6月13日に放送され、帝和建設社長・磯田(小日向文世さん)の行動に注目が集まった。

 同話では、脱獄して逃走中の狩山(木村さん)が、磯田に電話でコンタクトを図った。磯田は密会場所を指定するが、その場には赴かなかった。信じていた人の裏切りに、狩山はショックを受けた。

 一方、磯田は、弁護士の秋澤(斎藤工さん)を伴い、東京都知事・榛名(賀来千香子さん)と面会。榛名から「龍神大橋の工事再開から、帝和建設は手を引いてください」と宣告される。

 「狩山が脱走したことで帝和建設にはさらにダークなイメージがつきました」と語る榛名に、磯田は土下座して「そこをなんとか! 工事再開を請け負わなければ帝和建設の経営は危機に瀕します! ゼネコン3番手の会社を潰したら、日本にとてつもない影響があります。希望が失われる。それは知事も望んでいないことではないですか!」と必死に訴えた。

 だが榛名は、秋澤に「この方ね、必要だったら平気で頭を下げることができる方なの。最も敵には回したくないタイプ。でも、頭を下げて人を操る人間には限界がある」と告げ、磯田には「私は上を見て人を率いたい。政治家はそうあるべきです。ご苦労様でした」と突き放した。すると磯田は、去っていく榛名の背中を不気味な表情でじっと見つめた。

 磯田の土下座に、SNSでは視聴者から「演技が日曜劇場なんよ」「TBSじゃないけど、日曜劇場名物・DOGEZA!!」「土下座チャレンジ失敗したね……コヒさんここからどう動くのか」「都知事に切られた……社長どう出る?」「小日向さんの表情が読めなさすぎて。都知事に切られた時どういう感情だったわけ」「都知事に切られたから、小日向文世さんと斎藤工さんが狩山の味方になりそう」といった声が相次いでいた。

「Believe-君にかける橋-」 反響・感想関連記事一覧

- 広告 -
- 広告 -
- 広告 -
- 広告 -
- 広告 -